投資のリスクとメリットとは一体何なのか?

2016年10月24日 | By admin |

そもそもなぜ投資をするのか

私たちは働いた対価としてお金を得ています。なぜ、投資をするのでしょうか。投資は不労収入に分類され、将来投資にかけた金額よりも多く返ってくるかもしれないものです。老後の蓄えを増やすために投資を行うという人が大半です。老後年金、貯金のみではなく別の蓄えを作っておきたいという考えの元、投資をしているのです。投資は数日や数か月という短い期間で考えるのではなく、数年、数十年という長い期間を見据えて行われています。

投資のリスクとは一体何?

投資はあくまでも投資にかけたお金よりも多く返ってくることを目標に行われています。しかし、相場の変動や投資の運営がうまくいかず結果的に赤字になってしまうリスクを抱えているのです。そのリスクの大きさも千差万別で数百円、数千円といった損失で済むものから今まで投資に使ってきた金額が全てなくなってしまうという場合も存在します。そのため、投資するには常にリスク管理を行うことが必須となっており、リスク管理がしっかりできていないと大きな損失になる可能性があります。

では、投資のメリットは何なのか

投資のメリットは将来大きな利益を生み出す可能性があることです。場合によっては投資にかけた金額から数十%~数百%の利益を生み出す場合もあります。自分があくせく働くなくとも利益を生み出す可能性があるのです。投資信託のように数年~数十年単位で利益を追求するものから、FXや株取引のような数分単位で利益を追求するものと様々あります。投資によって今の生活を少しでも豊かにすることができる可能性を秘めているというのが最大のメリットです。

投資とファンドについて説明します。株式や債券など様々な金融商品がありますが、個人では限界があります。そこでファンドをつくり、たくさんの投資家からお金を集めることでより大きな運用をすることができます。