相続の申告をする時に相談をするところとその方向性

2016年10月24日 | By admin |

税金に関することは税理士に

相続関係の申告というのは、なかなか難しいことになります。はっきりいって人生でそんなに何回も行う行為ではありませんから専門的な知識がない人のほうが多いです。何をすればよいのか、ということすらわからない人もいます。ですから、素直に専門的な知識がある人に相談をするとよいでしょう。その方法、その先としてあるのが税理士になります。税理士であれば相続に関する知識がしっかりとありますから安心して利用することが可能です。

少しでも相続税を軽減させる

相続税であろうとなんであろうと節税ができるのであればそれにこしたことはないでしょう。その方法がいくつもありますから、知っておくと良いでしょう。まずはなんといっても贈与になります。これが最も無難なことであり、いくらでも行うことができるわけではないのですが極めて有効的なやり方でしょう。具体的にいいますと毎年、110万円までは非課税で譲り渡すことが可能になっていますから、これは確実に利用していくようにしましょう。

少しでも良い相続の形を

相続とは揉めることが多い行為でもあります。まず、すべてが現金であればかなり平等に相続させることができますが、不動産や有価証券では難しいことも多いでしょう。それに長男だから、次男だから、ということで揉めることもあります。教育資金などの差などから文句を言う人もいます。こうした揉める要素があることをよく理解しつつ、早い段階で節税をしながらも良い形で相続ができるようにするのが基本であるといえるでしょう。揉めないように手を打っておくのも被相続人の務めです。

相続は手続きや法律がとても複雑です。なぜなら税金の計算以外の法律も絡んでくるからです。相続の申告を税理士のような専門家にお願いするのが無難でしょう。